医薬品を扱い休憩が取れる職場で活発に働くなら

医薬品を扱う職場と言えば調剤薬局やドラッグストアがありますね。調剤薬局の場合は免許を持ったプロの薬剤師が薬の調剤を行っているので、薬局で働きたいと思っても簡単に就職できるというわけではありません。
一方ドラッグストアの場合は同じように医薬品を扱ってはいますが、薬剤師だけが勤務している調剤薬局とは少し違います。医薬品を扱う職種に憧れている方は、ドラッグストアの求人情報をこまめにチェックしているといいでしょう。薬剤師には及びませんがドラッグストアでは登録販売者として働くという道があります。登録販売者は薬剤師に次ぐ専門的な資格とされており、今後もニーズが高まることが予想されています。
医薬品には第一類から第二類、第三類まで区分があります。第一類に関しては薬剤師のみが販売できますが、第二類と第三類は登録販売者も販売することができます。家庭の常備薬とも言える風邪薬をはじめ、解熱鎮痛剤等も含まれます。ドラッグストアに置いてある多くの医薬品を扱えることになるので、医療のプロに一歩近づけるのです。
以前は薬剤師だけが扱えましたが、現在ではどの店舗も薬剤師不足が深刻な問題となっています。登録販売者の資格を取得すれば、良い条件で就職できるようになるでしょう。
ドラッグストアには様々なジャンルの商品が並んでいます。生活用品から食料品、衣料品等を置いている店舗もあります。幅広い年齢層のお客さんが買い物をしに来るため、活気があって楽しく仕事をすることができます。多くのお客さんと接する職場のため、性格的には活発な方が向いています。アルバイトとして採用されても長時間勤務ならしっかり休憩が取れるので、職場としては最適です。